障がい者雇用で職場実習を行うメリット

障がい者雇用の入り口となる「採用」。

面接や書類選考だけでは、その方がどんなことができるのか?どこまで責任を持った仕事を任せられるのか?

その他いろいろなことが分からずに、採用を断念してしまうことはありませんか?

採用後のミスマッチを防ぐために障害者雇用の世界では、「職場実習」という制度が利用できます。

労働局やしごと財団が主催となった職場実習の中には例えば、以下のような職場実習があります。

 

・職場体験実習(東京しごと財団)

http://www.shigotozaidan.jp/shkn/yourself_supporter/workplace_experience-based_training/index.html

・障がい者の職場実習推進事業について(北海道労働局)

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/shogai/koyohp/pdf/04_jishu_manual.pdf#search=%27障害者+実習%27

 

実習には大きく分けると、特別支援学校にお通いの生徒さんが職場体験をするための実習と、就労支援機関に在籍している方に向けた実習とがあります。

この実習を通して、企業側は、実習生の障害の程度や、仕事に必要なスキルの取得状況、理解力や意欲を確認することができます。

身体障害の方を受け入れる際には、採用後、どのような環境整備が必要になるかを考える手助けにもなります。

就職を希望される障害者の方は、実習できる企業先を探している方も多くいます。

障がい者側も自分に合った仕事かどうか?自分にできる仕事かどうか?しっかりと出勤できるか環境かどうか?等を実習を通して確認していく貴重な機会になります。

企業にとっても就職を希望する障がい者にとっても、メリットが多いのが、この職場実習になります。

実習の種類によっては、協力謝金として若干の謝礼金が支払われる場合もあります。また実習期間中の保険も整っています。

以下に簡単に職場実習のメリット・デメリットを挙げてみました。


メリット

・障害の程度や、仕事に必要なスキルの取得状況、理解力や意欲の有無を確認できる

・どんな仕事を切り出せばいいのか、実習を通して検討することができる

・採用後、どのような環境整備が必要になるかを事前に確認出来る(主に身体障害の方)

・在籍する支援機関の協力体制の度合いが把握できる

 

デメリット

・実習期間中に人手が必要になる


職場実習について、さらに詳しく知りたい方は、この機会に会社の所在地のある労働局や障害者就業・生活支援センターに直接、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?